静岡ロータリークラブ
会長ご挨拶 Message From President  
     
 
望月 啓行会長
2022-23 会長
President

望月 啓行
 

ータリーの価値・面白さ・可能性の探究
「IMAGINE 静岡ロータリー」
次なる飛躍へ

「ロータリーがしかるべき運命を切り開くには、私達は常に進化し、時には革新的にならなければなりません」
ポール・ハリス

百年に一度と言われるパンデミックをこの2年間経験し、その間私たちは人と人とのつながりを強制的に変更させられ、行動制限を受け入れざるを得ませんでした。そのような中でも、ロータリーは前進を止めず、様々な方法を取り入れ活動を続けてきました。この大きな試練を乗り越えた今、私たちは多くの事を学び、更なる成長をしました。その新たなステージで、私たちは今一度「ロータリーの価値・面白さ・可能性の探究」をし、時代にふさわしい進化したロータリークラブ作りにチャレンジしていきたいと考えます。
静岡ロータリーは「ロータリーの理念」を共有した約100人のメンバーが集っています。そこには100通りの「スキル」「ネットワーク」「アイディア」「個性」そして「情熱」があります。これらの大きな価値をロータリーが持つ資産である『組織価値』『親睦』『奉仕』『例会』『運営』のそれぞれと掛け合わせ、新しいレベルの静岡ロータリーの活動に結びつけていきたいと考えます。
『組織価値』ではロータリーの多様な素晴らしい価値を再認識し、活動のモチベーション・アイディアにつなげていきます。
『親睦』では100の個性が引き合う力を、クラブの大きな活力につなげていきます
『奉仕』とはロータリーの理念実践の場。「より大きなインパクトをもたらす」事を目標として、プロセスにも価値を見いだし、参加者の基盤を広げ次の成長につながるようにします。本年度はローターアクトと共に行っていきます。
『例会』はロータリークラブ最大の「学び」「楽しみ」の場。会員の多彩なネットワークを活かして、例会参加による「気づき」が提供できるようにしていきます。
『運営』では会員の皆様の「積極的なかかわりを促す」ことを目標に、より多くの事柄を共有し、連動・発信・体験できる機会提供の基盤作りに取り組みます。
これらをあえてトライアルなチャレンジもしながら「メンバーひとり一人のロータリー価値UP」「より魅力ある静岡ロータリーへ」につなげていくことを目標としていきます。
カナダのジェニファー・ジョーンズRI会長は、本年度テーマを「IMAGINE ROTARY」としました。世界にもたらせる変化を想像して大きな夢を描き、その実現のためにロータリーの力とつながりを生かすよう呼びかけたのです。そして重点目標を「DEI」多様性(Diversity)公平さ(Equity)インクルージョン(Inclusion)への取り組みとしました。
私たちも静岡ロータリーの「DEI」を積極的に楽しんでいきましょう。そして、ロータリーが持っている価値・面白さ・可能性を探求していきたいと考えています。その上で未来の夢を描き、そこに向かって踏み出していけば、静岡ロータリークラブの次なる飛躍が待っているはずです。
みなさま1年間よろしくお願いします。

 
お問い合わせ先:静岡ロータリークラブ事務局