静岡ロータリークラブ
会長ご挨拶 Message From President  
     
 
小林 武治会長
2020-2021 会長
President

小林 武治
 

ロータリーを再認識することで、より多くの機会の扉を開こう!

 2020−2021年度のRI会長ホルガー・クナーク氏のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。機会とは何かを追求し、その扉を誰に対して開くのかを追求する1年になると感じています。
 クナーク会長は「奉仕の行いは、その大小にかかわらず、助けを必要とする人たちのために機会を生みだすものであり、そして私たちのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています」と強調しています。また、「友情と人脈作りの機会が、人々をロータリーに引き付ける」のだとも示しています。そして新会員や年齢の若い会員はロータリーに新しい風を吹き込み、新しい扉を提供します。また、ロータリーは奉仕プロジェクトを実施し、やり遂げる機会や、奉仕のアイディアを実行するため、世界を旅する機会、リーダーシップの機会も与えてくれます。つまり、ロータリーのあらゆる会員や奉仕を中心とした行動は「豊かで意義ある人生への扉を開いてくれる」のです。
 皆様とともにこの一年間を通じて、機会を開くための多くのプログラムの真髄を理解し、より多くのロータリアンや我々を必要としている多くの人に出会うことで、質の高い機会の扉を開いていきたいと思います。

 残念ながら、コロナの終息は見えないばかりか第2波3波が懸念される現状です。その現状を鑑みクラブ運営にはスピーディな判断としなやかな運営を第一義に心がけていきます。皆様にはご迷惑を掛けるかもしれませんが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 また、皆様の賛同を得ながらにはなりますが、世界に遅れを取ると言われるデジタル化の波を少しでもクラブ運営に持ち込めればと思っております。それはキャッシュレス、ペーパーレス、オンライン出席などです。単年度でやれるものではあませんし、皆様の事情を考慮しハイブリットで行うにせよ、その先駆けになれればと思っております。この件も含めまして、皆様の協力なくして運営は不可能と心得ております。ご支援の程をお願い申し上げます。

 
お問い合わせ先:静岡ロータリークラブ事務局